2010 / 01
≪ 2009 / 12 2010 / 02 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.347

いまだに前の日記の「しづかせんせい」を見てニヤニヤしているわかめです。


最近は、少しずつ仕事と大学の両立にも慣れて、時間が上手に作れるようになってきました。

土日のうちに月、火、できれば水曜日の授業まで作って、木曜日のゼミの準備をして、

余裕があれば再来週締切のレポートを書きたい。

私は、とにかく不安性で、「前日風邪をひいたら?」「お腹痛くなったら?」・・・

と考えてしまい、だいぶ先のことを、早めに終わらせておかないと気が済みません。

でも、その性分のおかげで、金曜日になるにつれて楽になるタイプです。

土日が一番しんどくて、一日一日羽を広げていって、金曜日にフワーっと飛び立ちます。

で、土曜の朝にはまたせかせか働きアリになるのです。


結構いっぱいいっぱいになって、「あぁーーー!!」って叫びたくなる日もあるけど、

たまに院生室で同期とごはんを食べたり、寮のみんなでごはん行ったり、

部活の同期との飲み会に参加したりすると、わりと解消されます。

食べてばっかだな。。。

大事なのは、そこじゃなくて、人とふれあうって大事だなー、ってことです。

今週は、大学院の同期、寮、部活の同期といろいろな人と会ったぶん、

いろいろなところからパワーを吸い取らせていただきました★

食欲もガンガン出てきて大変だわ。

ほんとにハードなのか!?ってくらい丸々と太ったらどうしよう(笑)



今日も昔働いていたヤマトのみなさんと新年会です。

もう辞めてずいぶん経つけど、行っていいのかしら・・・。

いろいろな人の話を聞くのは人生の肥やしになるので、遠慮なく行ってきます!




さて、口頭試問の日程が発表されました。

2月15日(月曜日)です。

この日は、日本語学校のお仕事もお休みさせていただきました。

指導教官のお部屋で、私の恐れている先生方にビシバシ言われます。

今、情緒不安定だし、泣いちゃったらどうしよう。。。

できることならどうにかして避けたいです(笑)

でも、これに合格しないと卒業できないし・・・やるっきゃない!

40分間の我慢だ。あっという間だ。きっとそうに違いない!!





論文発表会での後輩たちからの質問も、ものすごーーく恐れています。

頼むから、答えられる質問にしてね!

こんな先輩でごめんなさい(笑)





口頭試問が終わるころには、論文発表会も、レポートも、テストも終わってひと段落・・・。

と思っていたのですが、日本語学校での仕事が増えました。あはは・・・。

今、週13コマでヒーヒー言っているのですが、口頭試問が終わった週から

週17コマになります(笑)

笑うしかないよー。


進度が早くなるわけではないので、スローペースに甘えてゆっくり頑張ります。

「日本語教師1年目は眠れない」と言われました。

確かにそうだと思います。

今の超スローペースでも睡眠時間は削られるから、普通ペースになったら眠れないでしょうね。

容易に想像がつきます。

でも1年だけだしね。

みんな頑張ってるしね。

早くテクニックを身につけたいわ!!!

楽になりたい・・・



今週は寮当番の都合で彼の家には行けないので、

いつもより勉強に集中できて、いい感じです。

彼は私が休みの日にどれだけ馬鹿みたいに勉強してるか知らないので、

ついつい遠慮気味になっちゃうんですよね。

土日でいろいろ予定通りにこなせたらいいな。



まじめちゃんだなー。

もう少し遊びを知らんばいかんですね。

スポンサーサイト
Page.346

20100126175427
授業が始まる前と、終わった後、私はいつも学生とおしゃべりをします。

いろいろと情報が入って、例文が考えやすくなるんです。

今日も数名の学生とおしゃべりしていました。
すると、後ろの方で、また別のグループがワイワイ何かをしていました。

あーじゃない、こーじゃない(アラビア語)言いながら。

みんなと別れたあと、よくよくそのあたりを見てみると、『しづか(アラビア文字)せんせい先生』と書いてありました。

『せんせい』とひらがなで書いた学生に対して他の学生が『漢字で!』と言って、『あーじゃない、こーじゃない』言いながら『先生』と漢字でトライしてくれたんだと思います。

先生の順番が逆で、『先』が一本多いのはご愛敬(笑)

漢字に興味を示してくれたことがとってもうれしい!

これ、宝物です(*>▽<)


もうひとつうれしいことが。

毎回会ったときに学生の健康状態を確認するのですが、今日、ある学生が『元気ではありません』と答えました。

眠いのかしら?

と思ったら、『しづか先生に会えません。元気ではありません。』と!!

大半は午前中いっぱい担当しているクラスなのですが、火曜だけは午後の2コマだけなのです。

だから、前日も会っているのに、毎週火曜日は『先生!!久しぶりーー!フーーゥ☆』と歓喜の声をあげてくれます(笑)


いつまで続くかわかりませんが、とても慕ってくれていて、本当に幸せな時間です。


今日少しだけ教え方を変えてみたら『ホントにスゴイ!!ホントにスゴイ!!』と、私の成功を一緒に喜んでくれました(笑)


彼らのこんな寛大さが私は大好きです♪

4月からも一緒にいられたらうれしいんだけど、世の中そう甘くはないわけで…。

どうなってしまうのか不安で仕方ありません。


4月から、といえば、掛け持ちしているもう一方の学校の校長先生に呼び出されました。

要約すると、J○○○○の日本語学校を辞めて、専念してほしい。かといって、すぐに専任にできるわけではないけれども、とりあえずたくさん働いて、学校のことをもっと知って、できれば専任を目指してほしい。


ということでした。


そりゃ掛け持ちは印象悪いよねー。

とは言っても、J○○○○だけでは食べていけないし。

だからといって、フ○に専念する気にもなれないし。

どちらの学校の雰囲気も好き。

親切に教えてくれる先生たちも好き。

だけどやっぱり学生は多国籍のほうがおもしろいし、勉強にもなる。

漢字を教えるのは難しいし、悩んでばっかりだけど、それでも教えたいと思う。


それを考えるとJ○○○○なんだけど、まだ通いたてで、向き不向きは判断できないし。


もうしばらく両方を平行して教えていかないと、自分に何が向いているのかわからない。

だから、正直にそうお話しました。


幸い、とてもいい校長先生で、しばらく様子を見ましょう、と言ってくださいました。


今までは、ただ教えることだけに必死になっていたけれど、これからは、どんな学校で、どんな学習者に、何をどうやって教えたいのかも考えないといけないな。


これから学校関係で就活するみなさんは、その辺もちょっと考えると、いろいろと整理しやすいかもしれませんね。


選り好みばかりもアレですが。。。

Page.345

更新しすぎですね(笑)

水曜日の夜は、翌日授業がないので、気持ちが大きくなってしまうんです。

なんでもできるような気さえしてくる(笑)

だから、余裕ぶっこいて、日記も更新しちゃいます。


今日の日本語学校では、毎日毎日行っているからこそ巡り合うような事態に遭遇しました。

学生の半分が欠席という恐ろしい事態。

なんだか、ノロウイルスか何かにやられたみたいで、寮で寝込んでいるとの話でした。

学校へ来ている学生もなんだか不調だったみたいで。

ゲホゲホ、ズルズル聞こえてきました。

週1とか2だったら、大抵は学生が元気で、楽しく授業して、「はい、おしまい♪」。

それがほぼ毎日顔を合わせるとなると、いろいろな事件も起こるんでしょうね。

このぐらいのことで怖気づいちゃいけないな。

他の先生方が、ケロッとされているなか、一人「どうしよう!どうしよう!」とバタバタしてました。

学生が少ない日は、進度も遅めにしないといけないし、復習メインになるんです。

こんなときに、柔軟に「はい、復習ね。」とできるベテラン先生は素敵です。

私も頑張ろう。


**

学生たちは健康ではなさそうでしたが、今日も楽しそうに授業を受けてくれました。

私は、知っている文型がほぼゼロの状態の学生と出会っているんです。

つまり、学生たちは私に聞きたいプライベートなことがたくさんあるし、

私も彼らに聞きたいことがたくさんある。

だけど、日本語がわからないから聞く術がないんです。

それが、授業を通して使える文型が増えていくうちに、質問を作ることができて、質問の答えを理解することができる。

そのことがとてもうれしくて、楽しいみたいです。


「結婚する」という語彙を導入したら、

「先生は結婚しますか?(していますか?と聞きたい)」と早速質問が来ました。

彼らにとって「-ている」は負担が大きすぎるので、彼らの思いを汲むだけにして、訂正や解説はせず、「いいえ~」と軽く答えました。

そうすると、「どうしてですか?」とまた質問。

会話が成立していることはとてもうれしいのですが、どうして結婚していないのか、と聞かれても、

こっちが聞きたいよ!としか言いようがありません(笑)

「私もわかりません。」と答えたら、その意図がわかったようで大爆笑してました。


今日は、学生の誕生日も聞けたし、春休みの予定(「春休みになったら何をしますか?」で!)も聞けたし、彼らのことが少しずつわかって、私のことも少しずつわかってもらえて、とてもうれしいです。


それから、彼らは文型の内容が理解できたら、単純な練習を始めようとする前に、手をあげて文を作りたがります。

それがなかなかいい例文だったりします。

「国へ帰ったら、ラクダを買います。」

「授業が終わったら、ジョナサンで勉強します。」

「(鼻をズルズルさせている学生が)夜ごはんを食べたら、薬を飲みます。」などなど。

ああいう自主性は、今後どんどん伸ばしていってあげたいです。

単純練習も飽きないでやってもらいたいけどね。

英語教育でも、日本語教育でも、単純練習を単純じゃなく思わせる技を知っている方がいらっしゃったら伝授してください。



***

今日はもう一つ、私にとっては大事件が起こりました。

ある学生がいつも腰の低い位置でジーンズを履いているのですが、

今日はそれが低すぎて、パンツ丸見え状態でした。

いつも彼のファッションセンスには感心していたのですが、

今日ばかりは・・・。

見て見ぬふりを続けていました。

が、

そうも長くは続きませんでした。


ある他の学生がそれに気づき、顔を隠して笑い始めました。

それをきっかけに、学生の意識が彼のパンツに集中。


それに気づいた彼。

くよくよと落ち込んじゃうことはないだろう、と確信はしていましたが、

それどころじゃありませんでした。


どうやらお気に入りのパンツだったようで、

その柄をどうしても日本語で伝えたかった模様。

パンツを指しながら、私を見つめ、「これは何という柄ですか?」という表情。

教えてあげたら、他の学生も知りたくなったようで、自分のパンツをわざわざ見せて、

「これは?」と。

男性のパンツを1日に何着も見たのは初めてです。


確かに、最近のおしゃれパンツにはいろいろな柄がありますよね。

ハート柄とか、ひょう柄とか、ストライプとか。

それを日本語で何と言うのか知りたいと思うのは当然のことなのかも。

というか、なかなかいい線いってるんじゃないか、と感心してしまいました(笑)

身近なものを日本語で言いたいと思うのは、いいことなので、

今日の事件もいいことだったと解釈します。

メンズだけのクラスで本当によかったよ。

10代の女子がいたら、こうはいかないはず。

完全に授業崩壊ですよ(笑)

・・・ていうか、女の子がいたらパンツなんて出さないか。

・・・・・・

・・・・・・・・・・私一応女の子なんだけどなー。

Page.344

頻繁に更新しているのは、暇だから・・・ではないですよ!

いろいろとやるべきは山積みですが、残しておきたいことも山積みなのです。


日本語学校で働くようになって、今までは、とにかく授業中は楽しいことばかりだったのですが、

最近、少しだけ余裕が出てきて、いろいろなところに目がいくようになりました。

私の説明を「なるほど~!」と言いながらメモする子、

ぼーっと聞いてる子、

理解したいんだけど、いまいち消化できずにいる子、

眠そうな子・・・

いろいろいますが、全部の学生に行き渡る授業がしたい。

だけど、私の腕じゃ到底無理です。


まずはベテランの先生の真似をすることかな、と思って、いろいろな人にアドバイスを求めています。

真似るうちに学べると思うので。

だけど、残念なことに、今の私の手腕じゃ、真似ることすらできないんです。

丁寧に、実際に行っているように授業のやり方を説明してくださる先生がいます。

本当に親切で、ありがたいんですが、私はどうもそれをうまく消化できないらしい。

悔しい。

いろいろな基礎が抜け落ちているように感じます。

文法の知識は、最近少しずつ入ってきましたが、

スキルに関してはゼロに等しい。


今は若さや明るさでなんとか学生を引っ張っていますが、

スキルがないと教師として長持ちしません。

どうすればいいのかなあ。


明日おきたら、グレートティーチャーになっていればいいのに。笑



いろいろ悩んでも仕方がないので、とりあえず、この1年は、

自分がいかにできない人間なのか思い知る年にしようと思います。

ドM的発想(笑)

「疑問に思っても、とにかく言われたとおりにやってみなさい」

と、指導教官に言われました。

そのとおりだと思います。

というか、疑問に感じる余裕なんてありません。

だって、できないんだもん。

できないことだらけ。

やだやだ。


ちょっと雰囲気をほめられたぐらいで、調子に乗っちゃいけませんね。

打ちのめされて、今、いい感じに殺気立ってます(笑)

やってやろう、ってね。

おかげで睡眠時間命だった私が、今は普通の人と同じくらいの睡眠でなんとかやってます。

闘志は人を変えるのね。



毎日毎日、あーじゃない、こーじゃない、と考えて、失敗して、また考え直して、それまた失敗して・・・

の繰り返しですが、

1ミリでも前に進んでいるとすれば、それでよしとします。

進んでいない気がするけどね。



とりあえず、漢字の指導法について、お勧めの本などがあれば、紹介してください!



ただの「いい先生」じゃなくて、

「スキルのあるGTK(グレートティーチャークロイワ」になりたいです。

まだまだ道は遠いけれども・・・








*****

ある学生を今日当てて、ホワイトボードに漢字を書かせるように指示をしたら、

その学生は「ありがとうございます」と深々と礼をしました。

はじめは「?」と思いましたが、

「できる!」と思ったときに、それを披露させてもらったことがとてもうれしかったようです。

こんな瞬間をもっともっと増やせる先生になれたらいいな。

当てられて「ありがとうございます」なんて、素敵ですよね。

つくづくいい学生に恵まれているなーと、幸せをかみ締めています。




さあ!

明日はなんと、教育実習でやった「たら」の導入です。

「た形」はもちろん、カタカナもまだ書けない彼らに、どうやって伝えればいいものやら。。。

明日の朝までに、いいアドバイス待ってます☆





最近授業の話ばっかりでごめんなさい。

頭がそれでいっぱいなので。

彼らのために、私に何ができるのか。

毎日毎日そればっかりです。

人のために生きるのが好きな私にとって、やっぱりこの仕事は天職だと信じたい。

Page.343

おはようございます。

あいかわらず激動の日々過ぎて、せかせかあせあせしてます。

でも、なんとか健康だけは保たれています。

なぜか体重も減らないし(笑)


自分がやる方の授業の準備とか、

受ける方の授業の準備とか、

発表とか、レポートとか、頭がパンクしそうになりますが、

・・・いや、パンクして人に当たり散らしているのですが、

そのおかげで、なんとか平常心をたもっています(笑)


今までも結構忙しく生活していたんですが、

こんなにバタバタ動いているのは生まれて初めてかもしれません。

朝から晩まで、

いや、寝ている間も授業のことや、月末のレポートのこと、将来のことなど考えまくっています。

しわが増えて大変です(笑)


先のことを考えると、どうしても不安になっちゃうし、

「~できなかったらどうしよう」と恐怖概念に襲われることも多々ありますが、

学生たちの笑顔に救われつつ、なんとか頑張ってます。


いつも授業ではあまり笑わないし、発言しないし、大人しくしている学生が、

今日は授業のあと残って、ホワイトボードを使ってアラビア語を教えてくれました。

「KAWAII SHIZUKA」と非常にうれしい言葉を書いてくれたらしいのですが、

ちんぷんかんぷんでした。文字かわいいなー、ってそのぐらい。

言葉を勉強するのは、もともと大好きなので、時間を見つけてアラビア語と中国語は勉強したいな。

やりかけの韓国語もちゃんと勉強してみたい・・・

よくばりです(笑)

まずはでも、明日の授業をきちんと作ることが一番!

今日はいろいろとトラブルに見舞われて、見事に失敗してしまったので、明日は整理して教えてあげたいな。




プライベートのほうも充実(?)してます。

来月、双方の両親に挨拶に行くことが決まりました。

もう、パニックです。

こんなに早く、こんなことになるなんて思ってなかった。

軽く考えすぎていました。

あぁ・・・結婚って大変。

というか、結婚はまだまだ先だと思っているんですが、

私たちの場合、一緒に住むのは、結婚を前提にしているからだしね。

となると、両家の挨拶も必要だろう・・・となりました。

あぁぁ。

気が重い。

仕事の合間に佐賀へ日帰りっていうのも気が重いし、

彼のご両親とこういう話するの実は初めてだから、ドッキドキで気が重い。


でも、これクリアしないと4月から私生活できないし。

夢追うだけ追って、自分で生計も立てられないなんて、情けないです。

と、昨日までうつうつうじうじしていましたが、

これが現実。

経済面ではどうしようもないので、それ以外の部分で協力しよう。


子どもがほしいなんて言ってみたりしておいて、

家族になる覚悟はまだできない。

おままごと世界から抜けられない、リアルピーターパンシンドロームだわ(笑)

Page.342

一息つく間もなく、2校かけもち生活が始まりました。

思っていた通り、ハードです。

かけもちの日はお昼ごはん抜き。

私はごはんを食べるのが異常に遅いのです。

噛まずに食べると悲鳴をあげてしまう意外と繊細な胃袋なので、「だったら食べる量を減らすしかない!」と、

教育実習の時の給食も、介護体験の給食も、こっそりごっそり減らしていました。

昼休みの時間に次の授業の準備をして、かつ、ティームティーチングの先生と打ち合わせをして、かつ、ご飯を食べるなんて至難の業。

ふと、周りを見てみると、どの先生方も10分前後で召し上がっていらっしゃる・・・

ひょーーー痩せちゃう(笑)


「きちんとご飯を食べる」を、2010年度の課題にします。

彼との二人暮らしも始まるわけだし、共倒れするわけにはいきません。

この間、母にも「そろそろちゃんと作りなさい」と言われました。

体の不調も偏食が原因だと思います。

体が悲鳴を上げる前に、少しだけ勤務時間を減らして、家のことを勉強する1年にしようかな、なんて家族や彼と話したところでした。



さて、新しい日本語学校ですが、予想通り授業は楽しいです。

毎日リセットボタンが押されてしまって、前日勉強したことはすっかり忘れてしまう学生たちですが、

それだけに、小テストでいい点を取ってくれた日(今日!)には感動ですよ。

「いい学生ですねー!」と全身を使って喜びを表現したら、

「いい先生ですねー!」と全身を使って返してくれました。

言葉を教える仕事ですが、心と心でつながるこの感じ、たまりませんね。

彼らの笑顔が愛おしくて愛おしくて、無理してでも頑張って準備しちゃいます。

予想以上に時間がおして、その準備が報われないことも多いので、時にうるうるしたくもなりますが(笑)


それから、新しい学校は国籍が豊かなので、学校に入った瞬間に、海外の空港のような香りがします。

玄関を一歩入れば、そこは外国。

そんな気分で、とってもテンションが上がります。

海外は大好きなんです。お腹が弱くなかったら、長期滞在だってしてみたいくらい。

日本で外国を感じることができるパラダイスです。


とは言っても、準備が本当に、ほんっとうに、大変です。

適当にやろうと思えば、できるんですが、それじゃ学生に届かないから。

夜中に「この活動いいかも!」なんて思ったら、むくむくと起きだして切り貼りしてみたり。

なかなか落ち着かないです。


新米なので、ネタもないですし、本当に困ってます。


でも、同じ非常勤の先生方がとても気を遣ってくださって、声をかけていただけるので、そのチャンスを利用していろいろとコツやネタを教えてもらっています。

ベテランの先生はコンビニのおまけさえもネタにしてしまうんです。

かっこいい!


いつになったら近づけるのかな。

「若い人は立ってるだけでも魅力的なんだから大丈夫」

と温かく励ましてくださいますが、若さに頼りたくないんです。

経験を積みたい。

早く立派になりたいものです。





それから、もう一方の日本語学校でも、新しい学生たちに出会いました。

今までのクラスとは真逆の明るく仲のいいクラスです。

とっても授業がやりやすくてありがたいんだけど、それに甘えてしまいそう。

学生のタイプによって授業を変えることを目標にしているのですが、

こういう雰囲気のいいクラスだと、教師の仕事はとても楽になる気がする。

やる気も根気も元々あるわけだから、それを引き出す苦労が不要になる。

そういうものにかける手間暇がなくなった分、なにかプラスアルファを考えなくちゃ。

難しいなあ。



中級とゼロのかけもちは、頭が変になりそうです。

・・・と思っていたら、ベテランの先生も今日同じことをおっしゃっていたので、

「あ、私普通だ」

と安心しました(笑)


がんばって、いい先生になれればいいのですが・・・



道のりはまだまだ長いようです。

こんなスローテンポなのにいっぱいいっぱいって!

情けないわー。

新米のご愛敬ってことで。













▼続きを読む▼

Page.341

いつものことですが、心が不調です。

論文も無事出せて、あとは口頭試問に合格?すれば卒業もできるのですが、

どうもすっきりしない。

マイケルが昔コメントしてくれた“I'd like to”と“I have to”の話がとても印象に残っているのですが、


日本語教育に関する仕事に携わりたい、この分野が勉強したいと思ったのは私。

この段階では間違いなくI'd like to study.

だけど、夢を叶えるためには、どうしても“have to”だらけで。

当然それはなくてはならない過程だから、それをも“I'd like to”に含めて考えられればそれが一番いいことだし、

ポジティブな捉え方だと思う。

ただ、私はそんなに強くなくて。

“Something I have to do”(まさに漠然とした“Something”)の圧に耐えられなくなりそう。

冷静に考えれば、少し睡眠時間が削れて、少し食事の時間がなくなって、少し友達や彼や家族と会う時間がなくなるだけなんだけれども、

それがものすごいストレスになって襲いかかってくる。



特にこのコースに入って、ばたばたし始めてからはちょっと異常な価値観をもって生きている気がする。

いろいろなことが「もったいない」と思えてしまう。

とってもネガティブな意味で。

日本語教育に関わることが最優先項目になっていて、しかも、それは紛れもなく“I have to”の感覚なんだけど、

それ以外のことに時間を費やし「てしまう」と「もったいない」と思ってしまう。

というか、これまた「もったいない」と思わなければならない、と思ってる。

料理はとりあえず好きじゃないし、時間がもったいないからやらないし、

洗濯も掃除も「あーあ」と思ってやるし、

それだけならまだいいけど、

友達と会っておしゃべりしたり、

家族と電話でしゃべったり、

彼と会ってまったり時間をつぶしたり、

そういうことまでもが「もったいない」のジャンルに入れなければならないんじゃないか、と思ってしまう。


当然今の勉強や仕事は自分でやりたいと思って始めたことだけど、

こんなにもいろいろなものを犠牲にしてまで叶えたかった夢なのかな?


芸術作品に触れて感動したり、

いろいろな人と話して刺激を受けたり、

家族の近況を知って安心したり、

彼と会って癒されたり、

そんな時間がもっとほしい。



今はとにかくすぐに役立つ知識を入れるのに必死で、

いつか役に立つこととか、

健康を保ためにすべきこととか、

そういうことに時間を費やすことができない。



それがとてもストレスになっています。



ま、甘えですね。

世の中そんなに甘くない。

みんな同じように思っていても、働かないことには生きていけないわけだし。

「芸術作品に触れたい」なんて、貴族じゃあるまいし。

お金に余裕のある人がやることよね。


わかってはいるんだけど、

このままじゃ義務感だけで動いているようで、

いずれこの仕事が嫌になってしまうんじゃないか、

むしろ本格的に始める前からすでに嫌になっているんじゃないか、

不安ばかり。


1年ぐらい、いろいろなことを放棄して、のびのびしてみたいなー。


ほらね、また甘え。



目の前にやるべきことがたくさんたくさんありすぎて、

越えられそうもない山を前にしり込みしてしまっているだけだと思います。



わかってるんだよ全部。

やるしかないんだってこと。


それを全部放棄するだけの勇気や度胸は私にはない。



早く結婚して、安定した生活がしたいしね。



10年分の経験が買えればいいのになぁ。




若い自分がいやでいやで仕方がないです。



あの頃は若かったなぁ・・・って早く言える年になりたい。


小さなことにグラグラしない自信がほしい。




だけど、自分で1つ1つ積み重ねていくしかないんだよね。


ここでいかに苦労をしておくかで、10年後巡り合える自分の姿が変わってくると思う。


あー・・・・


わかってるんだよ。

何度も言うけど。


苦労は買ってでもしろ!



買わなくても目の前にごろごろ転がってんだから、喜んで苦労すりゃいいんだって!




逃げたいなー・・・



ロビンフッドの大冒険に憧れてしまう、完全なるピーターパンシンドロームです(笑)


典型的な若者(笑)




Page.340

論文が脳裏から離れてくれないので、心も体も「の~んびり」、とはいかずも、

それなりにお正月を楽しみ、テレビを見て、まったりしました。

が、もうすぐお正月も終わり、学校が始まりますね。

私にとって、「学校が始まる」というのは、3つの意味があります。

1.大学の授業が始まる
2.以前から通っている日本語学校での進学指導が始まる
3.新しく週4で通い始める日本語学校での授業が始まる

・・・恐怖におののいています。

大学の授業は、論文を出したとはいえ、1年短縮した特化の学生にとって、怒涛の日々から抜け出せるわけではありません。

まさかのテストやレポートや発表がたくさん残っています。

おまけにラスボスの口頭試問が待ち受けているので、その準備もしなきゃいけないし。

土日だけを使って、どれくらい勉強や準備ができるかが鍵!


2つの日本語学校は、それぞれ使っている教科書も学習者のレベルもまちまちなので、

それぞれ別々に準備が必要です。

授業準備の恐ろしさは、教育実習を体験したことのある方々には伝わると思います。

あぁ・・・。


自分で「やりたい!」と決めた道なので、文句のつけようがありません(笑)

誰に愚痴ろうとしても「でも、自分で決めたんでしょ?」と言われると黙ってしまいます。

これ、私にとてもよく効く戦略です。


大丈夫かなぁ、私。

正直体力と精神力には自信がありません。

日々同じルーティーンをこなすような仕事のほうが向いているんじゃないか?

なんて思って逃げようとしています。

ま、でも、長い人生のうちのほんの数年ぐらい、過労死ギリギリでやるのもありよね。

芸能人を見てると、みんなほんのちょっとの睡眠時間で頑張っているわけだし。

私も同じように仮面をかぶって頑張ろうと思います。

皆々様の温かいサポートお待ちしてます!




論文提出日まで、あと2日!



▼続きを読む▼

Page.339

あけましておめでとうございます!

今年は年賀状を元旦に書くという非常識な状態です。

しかも、まだ何枚か書いただけで、寒中見舞いになっちゃう人も出てきてしまう見込み・・・。

今年だけは許してください!



2010年の年越しは、一人ぼっちの予定でしたが、

いい意味でのハプニングで、中国からの留学生と、チューターと一緒に、

内モンゴル風の鍋、年越し蕎麦を食べることになりました。

肝心の年越しは、ジャニーズのカウントダウンをまるこさんとしょうごくんと3人で見ながら、1人おおはしゃぎして迎えました。

私より同僚を選んだ(嫌な女のセリフですね笑)彼への仕返しに、

ジャニーズのイケメンたちに見つめられまくってやりました。

・・・痛い?(笑)

これで清々しました!



こんな楽しい年越しになるなんて、思っていなかったので、2人には感謝です!

持つべきものは友ですね!!



そして今日は、朝Jゅんこママとおばあちゃんお手製のお節のお裾分けを食べました。

家庭の味がおいしかったよー!この場を借りてありがとうー♪

持つべきものは友ですね!!(笑)



それから、彼と一緒に初詣に行きました。

生まれて初めて「凶」を引当ました。

なんとなくそんな気はしていたのですが・・・。

今年一年、波乱の年になりそうですが、これより下はないと信じてコツコツ頑張ります。

ちなみに彼は毎年恒例「大吉」です。

人生の楽しみ方を知っている人には、自然と福が訪れるものなんだろうなー。

なんて思っていました。


・・・が!!!

家へ帰ったら彼に異変が。

彼は先週あたりにようやく新型インフルエンザから生還したばかりなのですが、

今日体温を測ったら38.5℃。

・・・まさか今度は季節型?

そうでないことを祈ります。

福男なのに、なぜか災難ね。。。

寺の息子なのに、神を呪うと言ってました(笑)

確かに呪いたくもなるよね。新年早々。。。

早く元気になってもらいたいものです。

私も移されないようにしないと!

論文提出日が刻一刻と迫っていますからね!

あと一歩なのに、なかなか進まず悔しいです。

頑張ろう。




今年も一年、笑顔で乗り切れますように!

みなさんには福が訪れますように!

わかめ

Author:わかめ
ふえるわかめです。
佐賀県のど田舎からおのぼりしてきました!
大都会東京で大学生をしていましたが、今年の4月から大学院生になります。
カンボジア語を勉強していましたが、これからは日本語教育。
日本語の先生になることが将来の夢です。
剣道三段!
少林寺拳法二段!(目指せぞろ目!三×三!)
武道家を目指しているわけではありませんが、敵への警戒心は強いです。
太ることが大嫌いですが
食べることが大好きです。
コアリズムにはまっています。目指せくびれ!

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

-天気予報コム- -FC2-
©Plug-in by PRSU

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。