2009 / 06
≪ 2009 / 05 2009 / 07 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.281

お誕生日は、みなさん本当にありがとうございました。

まさに、「天国」のような日々でした。

そして、たった今、「地獄」に落とされました。

いや、これが「現実」。


あぁぁぁ怖かったぁぁぁぁ。

1年短縮のための審査、うまく行けばいいなぁ・・・。

結局、先生の計らいで丸く収まったようですが、絶対怒ってると思う。

どっちの先生も。

あぁ・・・私が悪いんです申し訳ありませんでしたごめんなさいあぁぁ消えたい・・・笑


詳しいことはよくわかりませんが、私の連絡を取る頻度の少なさが原因だと思います。

重々承知です。

あぁ・・・反省。ものすんごい反省。

びびりすぎて涙通り越して鼻水出てきた・・・


フィードバックが恐ろしすぎて、左の窓を開けて飛び降りたいです。(冗談です!笑)

前は1階で「飛び降りたい~」って言ってたから笑えたけど、ここ五階だから冗談も気をつけないといけませんね(笑)


とにかく、ものすごーーーく反省しているので、ちゃんと謝って、絞られて、また大きくなろうと思います。


はぁ・・・怒られなれていないんです・・・怖い・・・ぃぃぃ・・・


大学生になってこんな経験できる人なんてレアだよね!

怒ってくれる人がいるだけいいよね!

感謝しよう。うん。感謝。うん。

文面からお分かりかと思いますが、かなりパニック状態です。

初めて過呼吸起こすかと思った(笑)

しかし、私の呼吸器タフなもんで、余裕のよっちゃんです。



さてと、気を取り直して、前向いて頑張ろう。

特化コースのみんなと会いたいです。今すぐにでも。

リアルに彰吾くんの部屋行こうかと思ったしね。笑





***

ちょっと落ち着いて、今日のお話をします。

今日は、某日本語学校の非常勤講師の筆記試験と面接を受けてきました。

次は模擬授業です。

なんと明後日の早朝!

準備しなければ!!

今週は、発表がやたら多くてビックリですが、そんな中の試練に唖然としています。

しかしやるしかありません。頑張ります。


今日は出版社以来2つ目の面接でしたが、全く感覚が違いました。

やっぱり私には日本語学校だな、と思いました。

先生方が大変そうだけど、生き生きしていて、キラキラしていました。

みんな大声で笑っていて、修学旅行か何かの写真を見ながら「○○さんいい顔してる!」なんておっしゃっていて。

素敵な現場だなぁと思いました。

合格できるかどうかはわかりませんが、とりあえず、明後日の模擬授業頑張ろうと思います。

なんと実際に学生さん相手の模擬授業だそうな!

久々の教壇に、オラ、ワクワクすっぞ!です。



ビックリするぐらい時間がありませんが、なんとかします。




数分前のアクシデントのお陰で、それまでの体のだるさや頭痛が全部吹っ飛びました。

冷や汗だけが止まりません。

人間追い詰められればなんでもできるんじゃないか、とポジティブなことを考えていられるのはいつまででしょうか・・・




スポンサーサイト
Page.280

昨日は生誕23周年でした。

水曜日という週のド真ん中だったにも関わらず、その週の日曜日から、いろんな人に祝ってもらって、もう幸せいっぱいです

私なんかが、ただ、生まれて23年経ったってだけのことなのに、

新入社員で忙しいのに大事な休日使ってプレゼントを渡しに来てくれる人がいてくれたり、

ただでさえ授業関係の荷物が多いのに、わざわざ私に渡すプレゼントを持ってきてくれる人がいてくれたり、

一緒にプレゼントしあいっこができる人がいてくれたり、

サプライズでケーキ用意してくれる人たちがいてくれたり・・・

第一この覚えにくい誕生日を覚えてくれる人がいること自体、幸せなことです。

当日にメールやメッセージカードをくれた皆々様、おめでとうと祝ってくれた皆様、

本当にありがとうございました!

それ以外にも、日ごろから私のことを支えてくれるみなさんがいるから、

こうして23回目の誕生日をうれしく思うことができています。

誕生日は、周りの皆様に生かされてもらっていることを感謝する日。

1年間のうちで、一番「ありがとう」を言う日じゃないでしょうか。

今年もたくさんの「おめでとう」をいただき、「ありがとう」を返すことのでき、とってもうれしく思っています。



23歳になった0時ぴったりに、

産んでくれたお父さんとお母さん、

お父さんとお母さんを産んでくれたばあちゃんとじいちゃんたち、

さらにその先祖の方々みんなにありがとうを言いました。

人生の岐路に立つ年で、考えることも、悩むことも、あふれています。

毎日必死に勉強し、必死に悩み、必死に生きています。

少しだけ、遊ぶ時間が少なくて、「大学生は人生の夏休み」説の存在を怪しく思っていますが、

「夏休み」より濃い日々を過ごしていると思います。

きっと、「あのときもっと頑張ればよかった。」っていうありがちな後悔はない気がします。

これ以上頑張れないところまで頑張っています。

「あのときもっと遊んでればよかった。」の後悔は、あり得るので、残り少ない学生時代をもう少し謳歌しようと思います。



23歳の1年間の目標は、ズバリ「夢を叶える一歩を踏み出す」。

今は、ひたすら下積みをしている日々。

おそらくこれからもしばらく下積み時代が続くと思います。

だけど、岐路に立った今、まず「一歩」踏み出したいです。

どんな形の「一歩」になるかわかりませんが、「はじめの一歩」は大切です。

納得のいく道を進むことのできるよう、よく考えて、「実行」しようと思います。



自分の将来が不安で不安で、悩む日々が続いていましたが、

進みたいゴールが明らかな分、あとは「進むだけ」なんだよね。

「何を悩むことがあるの?」

と聞かれることが多くなってきた今日この頃。

そうですよねー。

とりあえず、目標に向かってやってみればいいよね。

だめだったときはそのとき考えればいいさね。



ただ、目標だけに目がくらむことがないように、

広い視野を持って、深みのある人になっていけるように頑張りたいです。





ということで、23歳のわかめもよろしくお願いします。

来年もまた、幸せに誕生日を迎えられるよう、みなさんへの感謝の気持ちを忘れず過ごそうと思います。


Page.279

昨日は、教育実習先の地域型日本語教室の防災訓練に参加してきました。

消防士の方の説明が始まる前に、私たちが外国人の方々にわかる簡単な日本語である程度説明しておく、というもの。

なんか、うまく行かなかったなぁ。(こういうとき「なんか普通に」は使えない気がするよ彰吾君!)


上級すぎる人には簡単すぎてつまらなかったかもしれないし、

中級の人には難しすぎてついてこれなかった気がする。


みんなの顔を見ながら調整するつもりが、みんなの顔を見て動揺してしまった(笑)


イラストは有効な手段だと思うけど、幼稚だと感じさせない工夫が必要だな。


予想以上に落ち込んで、そんな自分にびっくりした。

けどまぁ、前に立って話すときはワクワクするし、声張ってしゃべるのは気持ちいいし、

やっぱり私、教室型が好きなんだと思う。


反省点を生かして、これからもうちょっと頭を使って準備しなくては!と思います。

前向きに!




**

こんな風に、どんべこみしたわけですが、

不謹慎にも、消防士さんのかっこよさにフォーリンラブしそうでした(笑)

自分の授業が終わって、消防士さんの説明に移った途端、

実習生→♀

へと変化。笑

私、イケメンは苦手だと思ってたけど、見てる分にはいいもんですね(笑)

成宮くんに似てると思ったのは私だけ?成宮くんよりかっこいいと思ったのは私だけ?



不謹慎かつ気持ち悪い妄想ですが、火事のときにあんなかっこいい人が助けに来てくれたら、

確実にハートに火がつくよ。


恥ずかしげもなく(仕事だから当たり前だろうけど)、「火事だーーー!!」と叫んでいる姿にグッときました。


訓練終了後、帰り際に「頑張ってくださいね!」と爽やかに声をかけてもらっちゃったりして・・・

惚れてまうやろーーー!!!



・・・私は教育実習先に何をしに行っているんでしょうか?笑



そんな昨日は7年8ヶ月記念日(笑)


彼が一番!うんうん!一番一番!・・・と言い聞かせています。


**


そんなことはどうでもいいとして、

消火訓練で初めて消火器を触りました。

練習用ではあったけど、ちょっとうれしかった。

中高の防災訓練では、たいていクラスのリーダー的存在が代表でやってて、

それを遠くから「いいなー。」って見てる人だったから。

楽しかった!











**

大学院に入ってから、半社会人になって、

お年を召された方とお話をする機会が多くなりました。

たいていの人が、「1」言うと「10」返ってくる感じ。笑


で、いろいろ考えてみて、気づいたのは、当たり前のことだけど、

年の数だけ知識や経験が積まれていて、

年の数だけ「豊か」であるということ。


きっとその分、無意識に「人に話したい!」って欲求が満ちやすいんだと思う。



そんな中私が素敵だなぁ、と思う人は、

その豊かさを醸し出しつつも、簡潔で、発言のタイミングがいい人。

普段は人の話を聞くのに徹している人。

無駄な話は一切なくて、わかりやすくて、でも必要とされたときしか言わない人。

もっとこの人の話を聞きたい!と思える人。


そんなオトナに私もなりたい。

やっぱり、「能ある鷹は爪を隠す」し、「実るほど頭の下がる稲穂かな」。

素敵です。謙虚なオバサマオジサマ。




黄体期に入り、お肌もココロもバランスの悪い時期です。

だから、ムラムラもイライラもするんだと思います。笑

だけど今年はわりと安定していて、小さな成長を感じています。

Page.278

東京も梅雨入りしましたね。

しとしとしと。


将来のことや、将来のことや、将来のことで悩んだり、悩んだり、悩んだり。

「そんなに悩んでも仕方がないから、もっとのんびりいきましょうよ。」と、

イタリア人のお友達に言われてしまうくらい。


今日なんて、授業のあとのランチで、日本語教師の大先輩であり、しょうごくんにそっくりなY先生に、人生相談。

他の、経験豊富な学生さんもいるなかで、

心の叫びを口に出してしまいました。

「私、日本語教育が大好きですが、・・・結婚したいんです!!!」

いやもう、本音中の本音ですよ。

大学の先生になるためには、30歳あたりが勝負らしい。

ということは、30歳ぐらいまでは、不安定な日々。

「覚悟を決めた人は強い」と先生はおっしゃるけれど、それって相当な覚悟だよね?

それこそ、「日本語教育と結婚します!」と言うようなもの。

私には残念ながらそこまでの覚悟はむずかしい。

日本語教育だけやってたって、ウエディングドレスは着られないし、

日本語教育と結婚したって子どもは生まれてこないし、

日本語教育は、老後一緒に縁側でお茶を飲んではくれないし、

自分が死ぬときに、身の回りにたくさんの論文があったからといって、

私は「あぁ、幸せな人生だった」とは言えない。


日本語教育も、恋愛も、趣味も、人付き合いも、いろいろ含めて豊かな人に、私はなりたい。


とりあえず、5年後に結婚して、

10年後に佐賀大学の先生になれるためのプランを設計して、

ひとまず来年非常勤で下積みする場所だけ探そうかな。

最近、博士後期課程も選択肢の一つになりつつあります。

時と場合とお金にかなり拠るけど。


人生、なるようになりますよね。

運命に身をゆだねて、今できることを、今できる限りの範囲で頑張ればいいよね。

まだまだ時間はある。と思う。落ち着け。とりあえず。


**

論文を書き始めました。

まだ、研究の方はまっっったく進んでいませんが、

進んでいると信じたくて、「進んでいる」と目に見えることから手をつけてしまいます。

序章と1章だけで軽く10枚は超える。

ここに、これから研究方法やら、研究対象やら書いていって、

研究結果やら考察やら書き足すと、100枚って意外とすぐに届く枚数なのかも。

「書く作業より、行程のほうが断然大変。」と言ったのは誰だったか。

行程の大変さ、というか、手をつけたくない「恐怖の対象」と化した行程に、目を閉ざしっぱなし。

進まない進められない。もどかしい気持ち!

でもまぁ、先ほども述べましたが、「できることをできる限りやればいい。」

「あんまり厳しくしないほうがいいですよ~」という温かいMケーアさんの言葉を胸に、

考えすぎないようにします。



**

趣味を楽しむ時間もない

妄想をする時間もない

していることはと言えば、ご飯を食べて、研究のことを考えて、寝て、起きて、の繰り返し。

「あなたのほしいものは何ですか?」

といわれると、迷わず「時間です」と答えられるのに、

「休日の日は何をしていますか?」

といわれると、黙り込んでしまう。

休日の日は、研究のことで悩んでいるか、悩みすぎて病気になって寝ているか、そのぐらい。

こんな自分とたまに向き合うと、

「私はもしかして、どこかで行動をコントロールされているロボットなんじゃないか」と思う。

自分では何の感情も持たずに、ただ目の前のことだけをこなしているロボット。

そんなわかめアンドロイド説が恐ろしすぎて、

ときどき感動する映画を見て、ありえないほどの涙を流す。


そんな日々。

ロボットのような生活。

だからと言って、無理に人間らしい生活をすると疲れるんだよねー。

心を使うのはどっと疲れる。

だから、いっそのこと、完全なロボットだったらいいのになー、なんて思うこともある。


最近は、少しだけ異常で、

映画を見ていても、

彼と一緒にいても、

3分もあれば研究関係の考えごとをしている。

このままじゃ壊れちゃうだろうなー、とも思う。

考えるな!考えるな!と何度も言って、頭の中から消そうともする。

でも、なかなか消えてくれないんだよね。

論文を提出するまでは、こうやって縛られる日々なのかしら。



なんて言いつつも、

部活で演武をしている時間や、

彼とプリングルスを使ってアヒルさんごっこ(彼は絶対にノってこない)に夢中になっている時間や、

実習で必死に会話しようとしている時は、

不思議と忘れられたりもする。




どうやら、そう必死じゃないときに、研究のことが頭をよぎるようだ。

いろんなことに、夢中になったり、必死になったりして、

その時間に集中すれば、こんな悩みは吹っ飛ぶし、

人間らしい生き方ができる気がする。



要は、無難な道を通ろうとしすぎなんだな。

研究のことが考えられる程度の無難な日々。

必死になって生きてみようかしら。


Page.277

明日にきらめけ!!!

GO!ニコガク!GO!!!



見てきました。ROOKIES。

もうね、映画館で出た涙の量、新記録達成!!

ハンカチビッチョビチョ。

目は腫れて、化粧はくずれて、

2つ隣に座っていた小さな女の子には指さされて「泣いてるよ!泣いてるよ!」って言われて、

隣に座っていたそのお母さんには「シーっ!言っちゃだめ!」って女の子なだめてるし。


それでも、気にも留めず泣き続けました。


90分間、ずっと泣いてました(笑)


野球のことは、全然わからないけど、努力する人の気持ちはよくわかる。


「頑張ってる奴、嫌いじゃないんだ。」By 御子柴。


あぁ・・・


私は、わりとヌクヌクと育って、地味に勉強して、今の大学に入って、

ニコガクのみんなとは全く異なる境遇にいるのですが、

それでも、夢にときめいて明日にきらめこうとしていることは同じ!!


努力の形は違っても、そこにかける情熱は同じなんだなぁ・・・って実感しました。

だからこそ、多くの人の共感や感動を得ているんだろうなぁ。


ぜひ、みんなに見てもらいたい映画です。

私、映画館で、嗚咽して、肩震わして、声上げて泣いたのは初めてです。


何度も何度も見たい映画です。はい。

明日に向かってきらめきたくなりますよ♪




***

今週は、月曜日に栗ちゃんに会ってから、金曜日にまるちゃんに会うまで、

非常に充実した一週間でした。

この私が、一週間のうちに

新宿、飯田橋、吉祥寺、渋谷、吉祥寺2、武蔵境を行ったり来たりしたんだもの。

上出来!

栗ちゃんに会って、元気をもらって、

面接行って、少し成長して、

まりーちゃんの送別会に行って、私も頑張らなきゃーって思って、

まるちゃんに会って、癒されて、

ROOKIES見て、感動して。

いい一週間だったなぁ。



私は自分に限界を作らない人間でありたいのに、

いつのまにか限界を作って生きていた気がする。

「一度きりの人生なんだから」

よく耳にすることだけど、それを体現している子の言葉には重みがある。

すごくすごく、影響を受けました。

やるかやらないか迷ったときは、やることにしよう。

そう思いました。



それから、同じように悩んで、同じように将来の計画を立てて、

毎日頑張ってる友達と話ができたのも、私の糧になりました。


おしゃれなカフェにも行けたし、充実してたなぁ♪


教育実習で、チエン実習生に出会えて、私は本当によかった。

それだけでも、教職を取った意味があったと思います。

こうやって振り返ると、「無駄な努力なんて1つもない」んだなぁ、って実感します。

これもROOKIESで誰かが言ってたな。

名言集だな、ROOKIES。



話がそれましたが、チエン実習生のみんなとまた集まりたいです!

来週?再来週?あたりには、みをみをにも会えるかもしれないし、テンションアゲアゲですよん♪

夏休みにはぜひみんなで会いましょう!




さて、再来週はボジアンのみんなと飲めるのかしら♪

社会人になったみんなから話が聞けるのは、本当に貴重な経験!

学びの場ですよ。

人生、日々勉強ですね。



なんだかうまくまとまらなかったけど、

とにかく今自分に言いたいことは、

「絶対に限界を作るな」

ということ。



夢にときめけ!

明日にきらめけ!


GO!わかめ!GO!!!




Page.276

自分でもこんなにひどい面接は初めて(笑)

面接中はそれはもう落ち込んだし、

「あー就活したことないんだー」みたいに言われて、うまいこと返すことができず...


いろいろ考えてたのに全然言えなかった。


私のよさ微塵も伝えられなかったわー。



筆記試験もそれはもうボロボロで。


久しぶりに読んだ英文に四苦八苦。


わからない四字熟語に囲まれてもはやパニック。


人の底辺の例を示すような面接&筆記試験でした(笑)




でも、これもいい経験!


就活生の苦しみがやっと、本当の意味でわかった気がするし、


就活の楽しみも感じることができました。



車内広告に、


「昨日のことでクヨクヨせずに、明日のことでワクワクしよう。」という武蔵野大の先生のありがたいお言葉。


武蔵野大のこと少しも知らないけど、


入ってしまいたい(笑)




武蔵野大の大阿久先生に励まされ、わかめは明日にはばたきます。


危うくカラッカラの乾燥わかめになるところだったわー。

わかめ

Author:わかめ
ふえるわかめです。
佐賀県のど田舎からおのぼりしてきました!
大都会東京で大学生をしていましたが、今年の4月から大学院生になります。
カンボジア語を勉強していましたが、これからは日本語教育。
日本語の先生になることが将来の夢です。
剣道三段!
少林寺拳法二段!(目指せぞろ目!三×三!)
武道家を目指しているわけではありませんが、敵への警戒心は強いです。
太ることが大嫌いですが
食べることが大好きです。
コアリズムにはまっています。目指せくびれ!

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

-天気予報コム- -FC2-
©Plug-in by PRSU

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。