2008 / 10
≪ 2008 / 09 2008 / 11 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.241

気づけば今日はハロウィンじゃないですか!

もうすぐちっちゃなオバケたちの声が聞こえてくるはずです♪わくわく♪

私のアパートの前は、アメリカンスクールの先生方のお家なので、盛り上がるのです☆

今年は学校もないし、なんせ寒いし、外に出ずに家でハロウィンの雰囲気を楽しむことになります。

ちょっと寂しい。。。

ディズニーのハロウィンにも行けなかったし、後輩の家でのハロウィンパーティにも参加できないし、私にはハロウィンよりお盆の方がお似合いなのでしょうか!?(笑)



仕方がないので、今日は明日の院試に向けて、心穏やかに過ごします。

口述試験だから、どうにもこうにも準備のしようがないのです。

だけど、遊ぶ心の余裕もないという・・・

生殺し状態。



院試さえ終われば、明日は先輩の結婚式です。

二次会とはいえ、久しぶりに幸せいっぱいの空間を味わうチャンスです。

ワクワクするなー!結婚式大好きー!

二人のラブラブっぷりを見せ付けてもらいに行ってきます☆



今、暇なので(本当は危機的状態だけど)、昔書いていた日記を漁ってみました。

10代の私は、驚くほどに幼稚で単純でした。

ある意味ピュア岩。今はいろんな意味で黒岩。

字もなんだかギャル文字みたいな読みにくい文字だしね。

でも、昔の自分を見て、それから今の自分と比べると、自分の成長に気づかされます。

4年間、いろいろあったけど、頑張ってよかったなー、悔いのない大学生活だなー、と改めて感動。

もっと大人になった自分に向けて、一言ずつでも手紙のような日記を書いていこうと思いました。


びっくりするぐらい変わっていないのは、自分の恋愛年齢。

相変わらず幼いなぁ。

3年前に悩んでいたこと、イライラしていたことと同じ内容で一昨日イライラしてました(笑)

彼はどんどん成長して、大人の男になっていくのに、私はまだまだ中学生レベル。

なかなか精神年齢が近づきません。

でもまぁ、30になっても40になっても、はたまた70ぐらいになっても、中学生みたいな気持ちで付き合えたら、それはそれで幸せなのかなぁ、と。

もう少し心の広い人になりたいとは思いますが、彼に対して大いに「許し」ても、「諦め」はしないようにしたいなぁと思います。



にしても今日は寒いなぁ。

甘いものを食べ過ぎて、お肌ブツブツー。

こういうところにも、3年前との違いを感じます。







スポンサーサイト
Page.240

あっという間に10月も終わりですね。

私のHAPPY OCTOBERがもうすぐ過ぎようとしている・・・!


10月は、本当に楽しく充実した日々を過ごせました。

唯一ディズニーランドのハロウィンに行き損ねたことを除けば・・・。

予定していた日に土砂降りって!

他に予定が合わなかったのに。。

仕方がないので六本木ヒルズで土砂降りにあいました(笑)

屋根あるからマシかなーって。

でもやっぱり六本木って落ち着かなくて苦手です。夜だけで十分かな。

私にはセレブの街より横浜中華街とかの方が合ってるな(笑)


P.S.アイラブユー見ました。

泣いて笑って楽しい映画でした。

『君に読む物語』と同じぐらい好きだわー!

なかなかオススメの映画です。

やっぱり、ダンナさんが死んでしまっているから、私の大好きな最高の"ハッピーエンド”とまでは行きませんが、前向きになれるストーリーだと思います。



最近、どうも眠れない日が続いています。

布団に入って眠りに就くんだけど、眠りが浅いっていうのかな。

何度も何度も目が覚める。

そうすると、最近せっかく戻った体温が、また下がって低体温。

よろしくないですね。

できるだけ、たくさん寝るように心がけようと思います。

考えすぎないことだな。



最近、合同就職説明会などでスーツを着た就活生がチラホラ目だってきましたね。

私は教師志望なので、就活をする予定はないのですが、なんとなく焦ります。

教採に向けて、必死に頑張っている、というわけでもないからだと思います。

自分の置かれている状態が安定しないのは落ち着かないものですね。

「教師になりたい」と一口に言っても、教採に一発合格する可能性はゼロに等しいし、

日本語学校で専任教師として雇ってもらえる可能性もわずかだし、

フラフラする状態がしばらく続くのかと思うと不安でおかしくなりそう。

非常勤講師のまま結婚して、子ども産んで、佐賀に帰った頃には佐賀県の教採受けなおす機会も逃して・・・

そんな不安と闘うのは辛いわぁ。

とにかく安定した職に就きたいです。

教師になれちゃえば、まさに「安定!」って世界なんだろうけど。


同じように教師目指してるみんなは、今、焦ったりしてませんか?

私だけかなぁ・・・

ネガティブシンキンに明るい未来がないことは重々承知ですが、性格なのかなぁ。

誰かこの不安を共有してくれたらうれしいです。



頑張って教師なろうねぇ!!



▼続きを読む▼

Page.239

少し重たい話になりますが、「生きてる」ってすごいことなのかもしれないと思う今日この頃。

「幸せだなぁ」と実感しながら日々を生きている私ですが、

ときどき生きてる意味を見失うことがあります。

「今、死ねたら『いい人生だったなぁ』って言えるんだろうなぁ。」だとか、

「どうしてこのまま生きていかなきゃいけないんだろう。」だとか。


前者は本当に幸せなときにそう思います。

「今が最高」と思うとそうなります。


後者は結構落ちてるときにそう思います。

人間関係で悩んだり。(私は人より少しだけ敏感なのです。弱い人間です。)



で、そういうときに聞くといいなーって思う曲が、

最近賛否両論あるけど話題になった、森山直太朗さんの「生きてることが辛いなら」。

昔はお母さんが言ってた「命の大切さ」を思って立ち直ってたけど、

それをうまく歌に乗せてくれたのが、直太朗さんだと思います。


歌詞はこんな感じ。





生きてることが辛いなら

いっそ小さく死ねばいい

恋人と親は悲しむが

三日と経てば元通り

気がつきゃみんな年取って

同じとこに行くのだから


生きてることが辛いなら

わめき散らして泣けばいい

そのうち夜は明けちゃって

疲れて眠りに就くだろう

夜に泣くのは赤ん坊

だけって決まりはないんだし


生きてることが辛いなら

悲しみをとくと見るがいい

悲しみはいつか一片の

お花みたいに咲くという

そっと伸ばした両の手で

摘み取るんじゃなく守るといい


何もないところから

何もないところへと

何もなかったかのように

巡る生命だから


生きてることが辛いなら

嫌になるまで生きるがいい

歴史は小さなブランコで

宇宙は小さな水飲み場

生きてることが辛いなら

くたばる喜びとっておけ






特にぐっとくるのが1番と最後。

命はたった1つしかなくて、すごく貴重なものだけど、

それがなくなる瞬間ってあっという間で。本当に儚いもので。

「死んで見返す」ってよく言うけど、それはまずありえない。

自分で絶った命の先に残るものなんて何もないんだから。

3日も経てば元通り。


「生きたい」って強く望んでも、それが叶わない人たちが世の中には何万といる。

そんな中で「死にたい」って自らの命を絶つ人たちがいる。

すごく失礼なことだと思う。

生きたいと願う人に対して。

だから私は、「死にたい」って思ったときに、悲しみをとくと見るようにしてる。



ときに生きてることが辛いと感じることがあるけれど、だからこそ、くたばる喜びはずっとずっと先までとっておこうと思う。



思春期に、この上なく落ち込んだ時期があった。

本当に死のうと思ったことがあった。

あのとき、お母さんやお父さんがいて本当によかったと思う。

大切な仲間の死に、私よりも何度も多く立ち会った両親がいてくれて、

その仲間たちの「生きたい」と強く願う声を聞かせてくれて、

本当によかったと思う。



あのとき私が救われたように、

私も今苦しんでいる人を、

救えたらいいなぁ・・・

なんて大それたことを思うのです。



誰に宛てたというわけではありませんが、少しでも辛いと思う人がいたら、

もう一度落ち着いて、生きることの尊さについて考えてほしいなぁって思います。

もちろん、私が落ち込んだときに読み返すため、っていうのもあるんだけどね。



昨日、突如ものっそい落ち込んで、精神的に悲惨なことになったので・・・

持ち直した今、改めて書いておこうと思いました。


「生きてる」って幸せなことなんだよね。

「未来」はいくらだって自分のいいように変えられるんだから。

わざわざ断ち切る必要はない!





Page.238

今日は外大の少林寺拳法部の部内大会でした。

部内大会と一口に言っても、

ちゃんと審判の先生を招いて、

学生大会と同じように進行、評価される緊張感溢れる大会でした。

運営の中心を担ってくれた幹部代のみなさんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

何かを1から企画・運営するのって想像以上に大変なんだよね。

私たちが楽しんで大会に参加できたのも、中心となってくれたみんなのお蔭だと思っています。

ありがとう。

きっと、達成感もすごいんだろうな。

7大学合同練習会の企画運営を思い出します。

話が反れそうだから、元に戻すと、とにかく伝えたいことは「ありがとうでいっぱい!」ということです。



みなさんご存知のように、少林寺拳法部を引退してもう1年が経とうとしています。

大会はもちろん、人前で演武をするなんて、疎遠どころの話ではありません。

まさか、自分が大会というものに再挑戦する日が来るなんて、思ってもみませんでした。

だから、チャンスをくれた主将Jには感謝です。ありがとう。



ペアの相手は最強のライバルであり、兄弟のような存在である大親友。

相方にとってはこれが最後となるかもしれない大会でした。

残念ながら、2人とも授業の都合やら体の都合やらで練習回数は悲惨な数字。

もちろん体力的にも、技術的にも現役には敵いません。

だけど、私たちには気迫がある。経験がある。

思い通りの演武ができなくて、悔しい思いを何度もした経験。

いくら努力をしても報われないんじゃないかっていう疑念。

仲間が次々に倒れていく不安。

自分にかかってくる責任の比重。

それに打ち勝った精神力。

そこから生まれた気迫。




それからもう一つ。

コンビネーションだけは、優勝間違いなしだと思っていました。

今にも壊れてしまいそうなM崎Yいに、あそこまでケチョンケチョンに、というか殺すぞぐらいのオーラで攻撃できる相手は私しかいません。

それだけは自信を持って言える。

それは私たちの心の距離、コンビネーションがそうさせているのだと思います。



何よりもうれしかったことは、K岩Sづ可とM崎Yいが、一緒にペアを組み、演武を完成させ、楽しんで挑戦できたという思い出が刻まれたこと。

一緒に頑張った証が、賞状に刻まれたということ。

一緒に出場して、勝手に満足して、思い出が作れればそれでいいと思っていましたが、

その証が残ったことは、とてもうれしい予想外の結果でした。



少林寺拳法は、人と比べるスポーツではないと思います。

修行ですから。

だから、私は点数とか入賞とかそういうことにはあまり関心がありません。

自分で納得がいけばそれでいいスポーツだと思うんです。

争っちゃったら趣旨から外れるでしょ?

ただ、今回ばかりはM崎Yい、K岩Sづ可が並んだ何かが欲しかった。

卒業していく大親友へのはなむけ、というか、ね。

だから、まぐれだとしても、優秀賞にしていただけたことは、心からうれしいです。

そして、なにより、自分で納得のいく演武でした。


もちろん、本番は失敗しまくったし(笑!)、反省点も数え切れないほどありますが、

とにかく気持ちよかった!

関東よりも、全日よりも、気持ちよかった!(北島意識!)

もっと時間があれば、もっと洗練された演武が披露できたはずです。

だけど、時間に限りがあるのも、体力に限りがあるのも、それが私たちペア。

その中で必死にやって、その中で納得のいく演武ができたから、もう十分です。

私たちのカラーが出せた演武だったと思います。

私個人としても、忘れかけていた「私らしさ」を思い出させてもらった演武でした。



これから、もう1年大学少林寺拳法を続けるつもりです。

まだまだ課題は沢山あります。

これからも、自分と闘い続け、精進していきたいと思います。



若い子たちからいっぱい刺激もらったな!

感謝だなー!


みんなありがとう!!!


それから言うまでもないけど、相棒ありがとう!!!!

Page.237

読み飽きた方も多いと思いますが、恋のお話。



行かないでほしいと強く思いつつも、


投げ出さないでほしいと強く思うこの葛藤。















▼続きを読む▼

Page.236

「これは絶対日記に書こう!」


と思ったことを忘れてしまいました。


It's Senior Moment...



まぁ、いいや。




忘れちゃったから、部内大会のことでも書きます(テキトー笑)


ご存知の方も多いかと思いますが、私は去年の12月に少林寺拳法部の幹部を引退しました。


それ以来、運動不足の解消、後輩たちの指導のお手伝い、場を盛り上げる、・・・


ぐらいの目的で部活に参加し続けてきました。


必死でやると、どうも体力に限界をきたすので、ほどよく休みつつここまで来ました。


必死で練習したのは、確か去年の北区大会が最後。


もうすぐ1年になろうとしています。




そんな私が、久しぶりに必死で頑張っています。

残念ながら、水曜日は教育実習の授業で、自主練しか参加できないし、

日曜日の練習にはいろいろな都合があって参加できないし、

結局必死でやってるのは週1程度なのですが、

それでも、個人的にはかなり必死です(笑)


久しぶりにいい汗かいてます。

相方は別として(笑)、私は体力も、筋肉の収縮も、新陳代謝も少しずつ戻ってまいりました。

お蔭様で、どんなに食べても太りません。

ありがとう、少林寺拳法。



あと1ヶ月あったら、かなりいいものができると思うのですが、


残念ながら残された時間はあと1週間。

練習できるのはあと2回。

笑っちゃいますね!



しかーし!


事実は事実です。

やるしかありません。

ということで、あと2回の練習でどこまでいけるかわかりませんが、とにかく頑張ります!



相方とは、去年の関東大会でペアを組んで以来。

あの頃は、考え方の違いに悩まされ、悩んだままの出場となりました。

そういうのって演武に出るのよね。


しかし、今の私たちは去年とは違う。

去年はわずかな遠慮が残っていましたが、今は遠慮もクソもない。



ビデオを見て、明らにわかることは、技術的にも、体力的にも、去年よりは衰えているということ。


しかし、精神的な部分だけは、去年より何倍も成長している気がします。


2人の心の距離も更に近づいてるしね




体力的には、今から何ができるかわかりませんが、


技術的には、1つ1つ目を光らせてお互い指摘し合いながら最終仕上げをしようと思います。


精神的には、まぁ、今の調子でいけば大丈夫かな。




私の一番の課題は真ん中の「技術面」だな。


蹴り&受け&筋収縮


とにかくそこだけ意識して頑張ろうかな。




久々に、少林寺に熱い日記を書いてみました。


少林寺関係者じゃない方が読んだら、本当に気持ちの悪い日記かもしれないな。。(笑)




明日は合同練習のため、練習がないのよね。

しくしく。

ということで、








風呂上り


半裸でやります


少林寺







みにくいね。

Page.235

最近、秋も深まってまいりましたね。

5限が終わって外に出ると、もう真っ暗でびっくり。

空も秋の色になってきたし、落ち葉もチラホラ目に付くし、金木犀の匂いや、帰り道の緑の匂いにつくづく季節の移ろいを感じます。


特に、帰り道に香る緑の匂いは「秋」って感じ。

毎年この匂いがしてくると、かわいいJack-o-lanternたちの「Trick or Treat」の声が響きはじめる。

ハロウィンって・・・いい!!


今年のハロウィンは、後輩のおうちで大暴れ・・・とノリノリでしたが・・・



次の日大学院の試験でした。



Slap haui!!!


あぁぁぁあぁ・・・



仕方がないのでハロウィンは1人プレゼン練習です。

そこで・・・



私と一緒にハロウィンをプレゼン練習に費やしてくれる人大募集!



何の得もしませんが、楽しい時間をShall we ?






話は変わって最近のお話。

わが語科に、留学生のスレイウアンちゃんがやってきました。

目がクリっとしてて、とてもかわいいです。

私を見た後の第一声が「スアート(キレイね)」だったので、ますますかわいく思えます(笑)

留学早々「本音と建前」ってやつをわきまえているのね。ほほほ。

ウアンはまだ日本語が話せません。

英語はペラペラらしいのですが、私は英語が話せません

ということで、もっぱら会話はへたくそなカンボジア語&Body Language。

笑顔でいれば、どうにでもなります。


カンボジア語を話す勉強も、日本語を教える練習も、今しかできないビッグチャンス


貪欲にたくさん触れ合いたいなぁと思います。

ありさ、通訳よろしくね←かわいらしさでごまかし・・・





周りが就活モードに入りつつあり、なぜか私もあせっています。

どうしても企業には興味が持てない私の目標は、

日本語教師になること

もしくは

英語教師になること


どちらもみんながやっているような就活とは少し違った努力が必要です。

頭ではわかっているのに、なぜかリクナビなんかが気になってしまう今日この頃。

企業説明会などなどに行く予定はありませんが、

新聞を読むとか、OBOGの話を聞くとか、履歴書の書き方を勉強するとか、

そういうことには私も目を光らせておこうと思います


企業に就職する気がないのに就活をするようなリスキーなことはできませんが、

就活生のみんなに負けないくらいの、いや、それ以上の努力をこれからコツコツしなければなりません。

分野がまったく異なるので、助け合てくれる人もそういません。

だけどやるしかないのです。



4年生も後期になって、拘束がわりと弱まってくると、こういう風に得体の知れない不安に駆られます。

頑張らなくていいのか自分!ってなります。

頑張らない人や礼儀がなってない人などなど人のことならなんでも許せちゃうのに、

自分のことになると完璧主義。

「人に優しく自分に厳しく」

も考えものだなぁ・・・。





▼続きを読む▼

Page.234

本当にどうでもいいことなんだけどね。

でもでも、気になって仕方のないこと。


女子トイレの便座。


カンボジア人の先生が使った後のトイレ、


留学生日本語センターのトイレ、










なんで全部便座が上がってるの?



男性が使った後なら納得がいくけれども。



その真意が気になってならない。





どういう使い方してるんだろう・・・




知っている人、私の素朴な疑問に答えてください。










今日はありさとむらっちとランチだ☆

わーい♪


というテンションの中、書いてみました。

Page.233

新学期が始まりました。

留学に行っていた友達が帰ってきたり、

カンボジアから新しい留学生がやってきたり、

上海の教え子たちが日本に留学にきたり、


うれしいことや楽しみなことがたくさん!



ずっと苦しめられていた大学院出願のための研究計画書もなんとか書き終わり、明日出願します。

あとは11月1日の口述試験で少しいじめられるのに耐えれば大学院受験はおしまい☆

面接の練習しなくちゃー。



前期の成績も返ってきました。

ちょっと自慢していいですか?


4年にして初のオール「優」☆☆☆


Oh, Yes!!


心配だった大学院の授業もオール「優」☆


バッチリです!




しかーーーし。



大問題発生!!!



教員免許取得に失敗しました・・・・・


1つ授業取りそこないました。

通年だから今年はもう無理。

来年、科目等履修生で受講する外ありません。


大バカ者め!!!!


免許取得「不可」って・・・


一番響く「不可」だわ。


少々お金は掛かりますが、バイト代で賄おうと思います。

大学院に進学するから、科目等履修生になれるんだし、ポジティブに考えればついてるよね!

はぁ・・・・・・・




モジュールで教職とっている人、本当に気をつけたほうがいいですよ!

英語コミュニケーションは2回受講しなきゃいけないらしいですよ!!

要・注・意!!!


もっと早く呼び出してほしかったようぅ。教務課さんよぅ。。


「今年の一括申請はできないことになりましたから。」


って、事後報告ですか。 この鬼!!



説明会に参加しないで2年から受講しはじめた私が悪いんですが。。。


来年は、絶対絶対ミスしないように履修しようと思います。




さて、後期は一緒にご飯を食べれる友達が少し増えて幸せです。

肩身の狭い4年生でも、仲間がいれば怖いものなし☆

後期はできるだけいろんな人とワーワーしたいなーと思います♪

よろしくね!




今月は、OBOG合同練習会やら、部内大会やら、大忙し。

しかし私、燃えてます!

凝り固まった体を必死に動かして、入賞目指して頑張りますよ!!

後輩たちの良い刺激になるように、先輩として最大限頑張りたいです。



むんんーーーーー!!!!!



▼続きを読む▼

わかめ

Author:わかめ
ふえるわかめです。
佐賀県のど田舎からおのぼりしてきました!
大都会東京で大学生をしていましたが、今年の4月から大学院生になります。
カンボジア語を勉強していましたが、これからは日本語教育。
日本語の先生になることが将来の夢です。
剣道三段!
少林寺拳法二段!(目指せぞろ目!三×三!)
武道家を目指しているわけではありませんが、敵への警戒心は強いです。
太ることが大嫌いですが
食べることが大好きです。
コアリズムにはまっています。目指せくびれ!

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

-天気予報コム- -FC2-
©Plug-in by PRSU

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。